宅地建物取引主任者の資格を取る

住宅関連ビジネスの資格で建築士に次いで評価の高いのが、宅地建物取引主任者です。不動産業を営む場合や働く場合に絶対に必要な資格です。
毎年の合格率は15%程度と、難易度としては高い部類に入ります。

試験準備の学習方法としては、専門のスクールに通学するか通信教育を利用するケースがほとんどです。
独学で突破するというガンバリ屋さんもいるそうですが、強い信念と粘り強い努力が必要です。
このサイトでは、宅地建物取引主任者の概要と資格取得までの方法を解説していきます。

宅地建物取引主任者合格法コンテンツ

このページの先頭へ